(日本語) 皮膚一次刺激性試験

2008-6-11実施

試験対象:ウサギ

試験概要 OECD Guidelines for the Testing of Chemicals 404(2002)に準拠し、ウサギを用いた皮膚一次刺激性試験
試験結果 除去後1時間に軽度な紅斑が見られたが、24時間に消失し、その後刺激反応は見られなかった
結果説明 除去後1時間に2列(試験動物1および2)の無傷及び有傷皮膚で非常に軽度な紅斑(点数1)が見られたが、24時間に消失し、その後刺激反応は見られなかった。
機関名 日本食品分析センター
試験実施国 日本

試験証明書(試験結果資料)

暗所イオン触媒クリカゲルの無料サンプル請求のお申込みはこちら

営業時間:9:00~17:00 定休日:土・日・祝日
通常3営業日以内にサンプルをお送り致します。

お急ぎのお問い合わせはこちら

お名前 (必須

メールアドレス (必須

メッセージ本文

captcha
上記の文字をご入力下さい。(必須